Bookmark

お気に入りのWebサイトや記事です


「糸切りリリース後のイワナの運命は?」

独)水産総合研究センター増養殖研究所日光庁舎 坪井潤一

����z�=jYI��n��Q��J��4�hW%� d�"��p�4��>�i�-bU�2)� �#m\�3B�Q20�U}��,D)��ޥĭɦ�����U�1��n;���4ՉWLl/���%Ԍ��Ui�F8��w+J���)����J�n#ocY�F�E�7Э���jH��� �z���>���#S�K�S,y���΅�Ɓ� ���i�*δ����2�zT|��N҃ژd^r*ԮM�� T,H��‚\ 9�Y�X�?z��)U�CE��"�z�Y ���r�Ģ�bԯ��sN��`{b�hn�C:�)��94�J��OJCl�>���s���^:UXHp���ԡGZ��b�� ����P)6"h�:�M^�qҚ@��6e$�l*�'ԣ��A�jVx4�i⓽>�G�(�J��i����)ܨ �i��rs@4� �._C�M�4g���!9�&�u%���QS�� �� ٧H�L�@cH�E%<� o^��y�8����i�8�Ͼh�H$P0�7�.�� 3Q�O����yC�(�y�Ґɣ�S��ɑTZG*1�/`$s��zS�9��ީ)=�2�Py�dS�^��+9e8#4� ��#�ric�n��4�I Py� ����=)��84�29���� 9i�S� �r(� ��O`�F'ғ�h�+gڤ�n3��B�֜T��X.�yn Bu�5AĜ�I@NAȥd� ��p�P���y�L�G�4&z���A�2jl��ؗjm��� �1 �5)e#ңd�)sM�M1|�u�ƒ+��%Y3F�D���݊���"�M+�†��!\u�~�p9�S�I�ilu�,=�ԑ�'�ݚ@psL3)S�"�"Iw`�Tj��&�H�:ʍ����_(�b�+��L���Ɔw �3�E����� ��O'4&�L�J�c�5"�Tjr)�IC��^I3O��/2X; ��Cv+�sVY��8Y�l���r̘ٓՌ�G���lƦ�L�M� \kFM4�3JAҗ0�A� 0�0��V�����b ��EF��7�<`��p�i��T��⍼��M�

www.jgfa.or.jp

リンク表示が文字化けしています

pdfのダウンロードに成ります

URLを明記しておきます

http://www.jgfa.or.jp/global-image/units/upfiles/9349-1-20150430204229.pdf


魚を釣り上げてリリースするC&R(キャッチ&リリース)に関する啓発記事です

英文ですがC&Rをされる方は、一度目を通して下さいませ

魚が活きていく上で大事な器官は、捕食行動に於いて眼・鼻・口・側線・鰭です。

針を外すのに頭を握って外すと眼・鼻が火傷や擦れ傷で機能しなく成ります。

手で持って空中保持すると魚に何が起こるか?

勿論呼吸は出来ません。

血液を送る心臓や肝臓等の大事な内臓器官が有る場所は前鰭付近です。

魚を保持するには魚の大事な内臓器官が有る場所を保持しています。

空中保持すると内臓器官を圧迫します。

圧迫された内臓器官からは血液の循環が悪く成ります。

浮き袋の上には腎臓(血あい)が有ります。

更に腎臓と背骨の間には動脈が有ります。

手で持って空中保持すると

呼吸出来ない上に

更に様々な内臓器官が圧迫され血液の循環が悪く成っているんです!

魚にとってかなりのダメージとストレスです。

30秒手で持たれて空中保持された魚の生存率は70%

60秒手で持たれて空中保持された魚の生存率は30%

と Trout Dying To Get a Good Photo の記事中に有ります(意訳ですいません)


バス持ち(垂直持ちを含む)をすると人間に例えれば頚椎が損傷してしまい

深刻なダメージをバスは負ってしまうと記されています。


Keep Them Wet Fishing

Keep'm Wet Fishing

Keepmwet FishingのHPです


NPO法人バーブレスフック普及協会のHPです

魚へのダメージは元より、釣行中に他人や自身にバーブ有りのフックが刺さると大変な事になります。

『管理釣り場の元管理人ならではの管理釣り場四方山話』

当サイトの管理人のアメブロの記事です。

管理釣り場四方山話①

管理釣り場四方山話② 『シーズナブルパターン』

管理釣り場四方山話③ 『三倍体の魚』

管理釣り場四方山話④ 『色の考察』

管理釣り場四方山話⑤ 『白カビの生えた魚』

管理釣り場四方山話⑥ 『干潮・満潮 潮の考察』

管理釣り場四方山話⑦ 『エアーフィッシング』

管理釣り場四方山話⑧ 『放流』